【ラーメン】名古屋市南区で本場の豚骨ラーメンを頂けるお店博龍軒でチャーシューメンを食べる

Pocket

この記事では、名古屋市南区にある美味しい豚骨ラーメンを頂けるラーメン店

博龍軒さん

について書いていきます。

アクセス

国道23号線を竜宮で下車、熱田方面へ北上し、3つ目の信号である南陽通6の交差点を右折(東へ)

二つ目の交差点の角にお店があります。

駐車場

コレがちょっと厄介で

お店の駐車場が無いんです。

大将に了承を得た上で店舗前に停車させて貰いましたが、周りにコインパーキングも無いため、お店前のが空いてなかったらどうすりゃいいのか?

次回からどうするか悩みます。

さて、今回は無事に駐車する事が出来て、入店しますと

店内にお客はおらず、僕ひとり

僕だけのためにオペレーションしてくれるのは嬉しいですが、若干不安になります。

メニュー

メニューは大きく分けて三種類

ラーメン系かチャンポン系かチャーハン系

その中でちょっと迷いつつも

『チャーシューメン900円』をオーダー

着丼

オーダー後約2分ほどで

ドーーーーーン♪

期待通りの見た目に食欲が止められなくなりつつも写真だけは撮って早速頂きます。

実食

あえて今回は思うところがあり、麺から書かせて頂きます。

では、気を取り直して

麺は

やはりパツンッ♪

と切れる低加水の細麺です。

昨今では太麺ブームが来ていたりして、細麺の良さがわからないという人もいますが、小麦の味をダイレクトに味わうならやはり低加水麺ではないでしょうか?

加水率について

加水率とは、麺を作る上で、小麦粉と水を混ぜ合わせる行程があります。

その行程での小麦粉と水の割合を加水率と言いまして、水分が少ない麺が低加水麺、水分が多い麺が多加水麺と言います。

加水率が低いほど小麦の量が多い事から僕は低加水麺の方がダイレクトに小麦の味を楽しめるのではないか?と考えます。

スープ

決してクリーミーでは無く、こってり感は少ないのですが、豚骨ながらもどこかシャープでキレのある旨さがあって、豚骨にしてはスッキリとしていてクセが無く、誰にでも好まれる美味しさではないかな?と思います。

替え玉

コレがまたビックリします。

オーダー後20秒ほどで着丼しちゃうんですよ(笑)

記事を少しでも下書きしようと思ったんですが、全く記事の下書きが出来ず焦りました。

替え玉はカタメンにしたのですが

コイツがまたパツンとした食感に拍車をかけて更に美味しくしてきます。

替え玉の提供も早いですが、僕の平らげるスピードもそれに負けず劣らずだったのではないか?と思います。

替え玉も平らげて

大将にご馳走さまでしたと告げ1050円を支払い、お店を後にしました。

いやはや、美味しかったです。

ご馳走さまでした。

店舗情報

住所:名古屋市南区道徳通1-18-33

定休日:月曜日

営業時間:

[火~土]
11:00~14:00 17:00~翌4:00(L.O.翌3:45)
[日]
11:00~15:00
17:00~翌4:00(L.O.翌3:45)

駐車場:無し