【ラーメンブログ】新店『鶏そばなる川』三重県四日市市

Pocket

今回の記事は僕のブログを読んでくれている後輩Sへのプレゼンも兼ねて紹介していきたいと思います。

泡系ラーメンって食べたことありますか?僕は何杯か頂いた事があるのですが
確か福岡の方が発祥のラーメンだったと思います。
それが進化して関西エリアでエスプーマ系ラーメンになり(ふく流ラーメン 轍さんが有名)https://ameblo.jp/ramendeko/東海エリアに入ってきたラーメンとなります
前置きはこれくらいにして本題へ行きましょう♪

鶏そば なる川さんへのアクセス

鶏そばなる川さんはJR四日市駅の近くにあります。近鉄とJRの駅の間にあり、一本中に入った場所になるので、たどり着くにはナビに頼るのが良いと思いますが
三滝通りを名古屋方面から来て、タンブランさん駐車場の間の道を抜けるとお店はあります。

鶏そばなる川さんの外観・内観・駐車場情報

なる川さんはビルの一階に入っていて、
元々は山秀というモツ鍋屋さんだったらしいです。内観は元モツ鍋屋さんなだけあって
カウンターの棚に焼酎がズラッと並んでいるのも特徴ですね♪
駐車場は、お店の正面にある大駐車場のうち、40番41番がなる川さんの駐車場なのと、平日のランチタイムは店舗の隣も駐車できます。

鶏そばなる川さんのメニューと店内

鶏そばなる川さんは券売機スタイルで
基本のメニューは鶏そばと鶏中華そばの2種類のみ
どシンプルですが、それ故に入れ込み具合が伺えると言う物で
メニューから既に大きな期待が持てます。
券売機の前に立ち、一切の雑念を切り捨てて本能のままに押すべし!!
『鶏そば』
をオーダーしました。
そして、カウンター席に腰を降ろし、焼酎を眺めながら待ちます。
なる川さんは小上がり席もありましたが、今は使っていないのか
僕が伺ったときは、カウンター席のみの営業になっていました。
なので、お一人様も大歓迎ですよ♪

鶏そばなる川さんの鶏そば(ヴィジュアル)

カウンター席に着き、棚を眺めながら、しばらく待っていますと・・・
・・
ドーーーーーーン♪♪
おおぉぉーーー
あわっあわですねぇ♪
レアチャーも旨そう
同じ、泡系で言うと、一瞬伊勢の【吉風さん】を思い出しました。
さぁて、では早速頂いていきましょう♪

鶏そばなる川さんの鶏そば(スープ)

まずはもちろんスープから
ズズズッと口に運ぶと
ザラッとした舌触りに濃厚で旨味の強いスープ
ここまでは他の鶏白湯と同じで、後半ややくどさが出てくるタイプの鶏白湯のスープかなぁ?と思ってたんですよね。
ところがどっこいなる川さんの鶏白湯は一味違うんですよ!!
ハマグリと鶏のダブルスープのため
鶏のぐどさがかき消されて、後半ハマグリの旨味がドッパーンと押し寄せるんです。
そのおかげで、最後まで美味しく楽しむことが出来るんですよ

鶏そばなる川さんの鶏そば(麺)

なんと言おうと、ここのラーメンは麺が美味い!
プリップリでツルツルの麺は
どうやら、うどんで使われる小麦粉を
かき混ぜるのではなく、練って製麺するらしく
そうする事によりモッチリとしたあの食感に加え、あのシャランとしたしなやかさも兼ね備えた麺になるようです。

鶏そばなる川さんの鶏そば(トッピング)

トッピングは
ネギ・レアチャーシュー・穂先メンマ・ナルト
ナルトが乗ってるラーメンって最近あまり見ないですよね
最近多いレアチャーシューと最近少ないナルトが共存しているのもまた粋ですね
という事で最後の最後まで堪能させて頂きました。
有難うございます。ご馳走様でした。

店舗情報

住所:三重県四日市市栄町8-9

営業時間:11:00~14:00(L.O.13:30)
18:00~22:00(L.O.21:30)

定休日:日曜日・祝日 ※12月の日曜日(1.8.15.22.29)は昼のみ営業します。

駐車場:有り

他の鶏白湯のラーメンが食べられるお店の情報

岐阜県大垣市にある美味しい鶏白湯が食べられるお店『真屋さん』

名古屋で鶏白湯ラーメンを食べるなら大人気のココ『拉ノ刻さん』

という事で、今回は以上とさせて頂きます。

また、次回の記事でお会い致しましょう♪