冷蔵庫の選び方 最新型冷蔵庫の機能と価格についてヌル~く比較

Pocket

この記事を読むと、最近の冷蔵庫についてちょっとだけ詳しくなる事が出来ます。

また、冷蔵庫を購入する際の注意点等についても書いていきたいと思いますので

どうぞお付き合い下さいませ。

 

冷蔵庫の違いについて

 

冷蔵庫って単に冷やすものだし、冷蔵機能と冷凍機能さえ、ありゃあ良いんじゃねぇの?

そんな方も多いかと思います。

当然、同じサイズの冷蔵庫でも各社違いがあり、セールスポイントがある訳です。

まず、家電量販店さんで取り扱っている大型メーカー5社に絞ってお話していきましょう。

  • 日立
  • 三菱
  • 東芝
  • パナソニック
  • シャープ

の5社が国内冷蔵庫大型メーカーとして上がります。

簡単に各社の強みを紹介させて頂きます。

日立

日立の強みはなんと言っても食材の鮮度を長持ちさせる事です。

機能としては真空チルド(これ蓋開けるとプシューって鳴ってちょっと気持ちよかったです)

次に新鮮スリープ野菜室(読んで字の如く、野菜の鮮度を保つ野菜室です)

そしてデリシャス冷凍(急速冷凍で肉や魚の旨味をギュッと閉じ込める)

それに日立の冷蔵庫の強みと言えば、なんと言っても下の2段が

冷凍・冷蔵・野菜室 の中から自由に切り替える事が出来る

ぴったりセレクト

これが日立の最新冷蔵庫の特徴だと思います。

 

三菱

三菱の冷蔵庫の特徴はなんと言っても

「奥様目線」何を言っているかといいますと

三菱の冷蔵庫には家事を楽にする機能がふんだんに取り入れられているのです。

 

切れちゃう瞬冷凍

こちらは解凍せずにそのまま切れる、はがせる。の時短冷凍機能

冷凍庫から取り出して、レンジで解凍してから料理が始まる。

そんな手間をかけずに、いきなり調理が開始できる機能です。

 

氷点下ストッカー

冷凍にならないギリギリの0~-3℃で調整されるため、肉や魚が冷凍しなくても

鮮度を落とすこと無く、保つことが出来る。

週末まとめ買いが出来るため働くママさんには持ってこいの機能です。

 

朝どれ野菜室

野菜室が真ん中にあるので、取り出しやすく使いやすい。

また、この野菜室、ビタミンCがアップするらしく(なぜかは知りませんが)健康面でも役立つ機能です。

 

東芝

東芝の冷蔵庫の特徴は

なんと言っても、野菜室の性能にあります。

ベジータ

皆さんもあのサイヤ人の王子がやっているCMを見たことがあるかと思いますが

野菜の鮮度が半端なく良い

潤いを保ったままシャッキシャキの食感を何日もキープする事が出来る。

 

これが1番のウリで、圧倒的に突出しているので、他が霞んじゃいますが

瞬間冷凍で肉や野菜の旨味も閉じ込めることが出来るので、他の部分でも他社に劣る事はありません。

 

パナソニック

パナソニックの冷蔵庫の特徴は

やっぱりデザイン性です。

パナソニックの家電って、どれも良いデザインで、バリエーション豊富で見てて楽しいんですよね。

現に、洗濯機はパナソニックのデザイン性に惚れ込んで購入しましたし。

それに冷蔵庫ってリビングから見える大型家電になるので、デザインを重視する方には

パナソニックはもってこいだと思います。

 

シャープ

シャープの冷蔵庫といえば

プラズマクラスターと

冷凍機能が優れている点だと思います。

 

まず、プラズマクラスターで庫内の空気はいつもクリアに保たれていて

雑菌の繁殖を抑えてくれるため、庫内の臭い等も気になりません。

 

そして、超大容量の冷凍室メガフリーザーは

冷凍室内が3段に分けられていて、整頓しやすく。

その3段の中にも自由に動かせる仕切りがありますので

作り置き大量冷凍の出来る主婦の皆様にはとても使い勝手の良い冷蔵庫だと思います。

 

 

という事で、以上の中から

私が選んだ冷蔵庫は

東芝 ベジータ GR-R470GW

という機種の物を選びました。

価格も予定していた15万円~20万円の間で収まる。

大きさも、我が家の廊下を通るギリギリの大きさ(配送時ぶつけても苦情は言いませんという誓約書を書きましたが、ギリ通る)

色はキレイな白で、家の雰囲気にも合っています。

という事でこの冷蔵庫を僕は選ぶことにしました。

 

今回の記事は以上とさせて頂きます。

それでは皆様また、次回の記事でお会い致しましょう。