土地相続のトラブル

Pocket

土地を相続する上で起きたトラブルについて紹介していきたいと思います。

これは僕の経験したトラブルで、実際に家を建てる事を諦めるしか無い状況へと陥りました。さて何が起きたのか詳しく見ていきましょう。

お爺さんの所有する土地の一部を母親が譲り受ける予定なので、そこに家を建てたらどうだ?と何気ない家族談笑の中でこんな会話が生まれた。

これが約3年ほど前の話です。その当時、僕はこの会話の内容がどれほど難しい事なのか、全く考えもしていませんでした。

お爺さんは昔からその土地に住んでいて、土地をいくつか所有している人です。ただ、

認知症で施設に入っています。(ここに大問題が潜んでいました)

母親は、お爺さんが認知症になるより以前に、お婆さんや兄弟との話が済んでいて、その土地ともう一箇所の土地を相続する話がまとまっていました。

そして、僕たち兄弟の中でも土地相続の話し合い自体は出来ていました。

なので、計画的に約2年ほど前から、注文住宅を建てるため、各工務店やハウスメーカーを周り、1年間かけて工務店を決定。半年ほどかけて詳細が決まり、見積もりも落ち着いてきたので、ローンの仮申請を通しました。

そこで問題が起きたのです。

続く