NIKEのスニーカーでDUNKってどんなスニーカー?

Pocket

NIKEのスニーカーでDUNKってどんなスニーカー?

どもキムモです( ´ ▽ ` )ノ

今、DUNK(ダンク)がアツいですよね♪

今日はなぜ今ダンクなのか?ダンクSBってなに?等の質問に答えていきます。

ダンクの歴史

ではまず、ダンクの歴史についてお話します。

ダンクは1985年にバスケットシューズとして、現在35周年のアニバーサリーイヤーとなります。

最初のモデルはカレッジカラーを搭載してリリースされたのですが、各校のカラーを落とし込んだカラーバリエーションは

今までの白ベースという概念のバスケットシューズ業界に衝撃を与え、その衝撃はバスケット業界に留まらず、スケボー業界にも派生してきました。

そのカラーリングというのがコチラになります。

ミシガンカラーと言われる紺と黄色が中心となったカラーリングですね♪

裏ダンクとは?

このダンク人気に再び火がついたのが1999年

日本企画によりリリースされた通称”裏ダンク”がきっかけでした。

裏ダンクはオリジナルカラーである、カレッジカラーを反転させたカラーリングで

ローカットにてリリースされた物です。

その後はド派手なマルチカラーのクレイジーダンクや、ダンクプレミアム等、多彩なバリエーションで常に人気を集めていました。

NIKE SBによるSB DUNK

2002年にNIKE SBナイキスケートボーディングによるナイキダンクプロSBがリリースされます。

これがかなりの話題作で

”スエードのアッパー””厚タン”、そこに衝撃吸収のための”ズームエア内蔵インソール”

これがSBダンクの特徴となります。

 

コラボレーション

ダンクは様々なブランドとも多くコラボレーションしてきました。

UNDEFEATED,HUF,STUSSY,SUPREME

写真の大きさが違うのはご了承下さい。

ダンクは上記のアイテムのように様々なブランドとのコラボ歴も非常に多く

たくさんの方々から愛されているのがよくわかります。

僕も、2019年の9月にSUPREMEコラボのダンクを購入しています。

【SUPREME】2019fwのweek1week2での購入品紹介

【SUPREME】week2のNIKESBコラボに並んできたよ!参戦レポート2019fw

という事で、今回の記事では今話題のダンクについてお話させて頂きました。

また、次回の記事でお会い致しましょう♪♪

リンク